コンテンツへスキップ

吸玉療法 メディカルカッピング

吸玉療法とは、古い血を表層に引き上げることによって、デトックス効果と血流改善、疼痛緩和が期待でき、臓腑(内臓)の変調も予測できる療法です。

 

「昨日の疲れ」残っていませんか?

肩こり、腰の重さ、不眠、だるさ等、ついつい我慢してしまいがちです。東洋医学で言うところの「未病(みびょう)」とは、病気の前段階です。だるさや、疲れの様な症状の蓄積を放置する事で「未病」から「病い」へ進行してしまいます。

「瘀血(おけつ)」とは?

東洋医学には「瘀血」という言葉があります。わかりやすく言うと「流れが滞った血」です。血液がこのような状態になることで体の至る所で障害を引き起こします。血液が酸性に傾いていき、老廃物が捨てられずに、いつまでも体内に留まっていきます。血液がドロドロになったり、動脈硬化、高脂血症の原因になります。それと、私たち現代人が、何気なく食べている多くの加工食品のは、多数の添加物が含まれています。平均では、一年間で一人当たり約2キロの添加物を摂取していると言われています。

 

吸玉療法の7つの働き

 

  1. 血液をキレイにする(デトックス効果)
  2. 血行を良くする
  3. 血管をはじめ組織を強くする
  4. 皮膚の若さを保つ
  5. 関節の動きを円滑にする
  6. 内臓諸器官を活発にする
  7. 神経を正常に調整する


体の深部に強力マッサージ

 

吸玉で吸圧すると、その部分の血管はグンとふくらみ血液の流れる量も速さも増大します。これまで詰まっていた血管も開くことにより、血行の障害が取り除かれます。血管の壁にこびりついた湯垢のような汚れやコレステロール等が洗い流されるので、血管の硬化を防ぎます。

吸圧の影響は、かなり深部にまで及びますから深部のうっ血や瘀血を表面の皮膚の近くまで誘い出し、キレイにすることができます。腹部や背中の広い部分を吸圧すると全身の血行は見違えるように良くなり、ポッポッと火照った感じがします。この時、実際に体温も上昇しています。

内臓も喜びストレス解消

 

吸玉は胃や腸などの消化器にも直接的な刺激を与えます。「血行促進」による間接的な効果とともに、胃や腸のぜん動運動を助け。消化液の分泌を活発にして、消化・吸収・排泄の機能を強める働きがあるのです。
また、浄血、血行促進、内臓諸器官への刺激などのほかに、もう一つ重要な役目として、神経系への刺激があります。神経を正常に働かせることによって、相乗効果が一段と増幅されることになります。
背骨に沿って吸圧をかけるのはその為であり、交感神経や副交感神経などの自律神経を刺激して正常化させれば、その支配下にある諸器官に好影響を与えることになります。

現代人にとって避けることのできないストレスは、胃潰瘍や高血圧の大きな原因になりますが、神経系の吸圧により、神経の異常な緊張を解きほぐしてリラックスさせることができます。

こんな症状の方へ

 

冷え性・むくみ・慢性疲労・肩や首の痛み・腰や背中の痛み・ぎっくり腰・
慢性腰痛・膝や肘の痛み・坐骨神経痛・肝臓疾患・高血圧・更年期障害・
前立腺肥大・めまい・無月経・糖尿病・ストレス等

 

料金

 

1回 約45分 4,980円 (手技によるマッサージの時間も含みます)

1日2名限定 要予約

肌の露出を最低限に抑えられる、後ろ開きが可能な2ウェイ施術着をご用意しております。


お気軽にお問い合わせください!
 

はいしま整骨院
03-6379-9385
〒156-0055 東京都世田谷区船橋5-33-16-201
ヨークマート桜上水店の向かい
ホワイトプラザ歯科さんの上の階になります。

 

施術メニューに戻る