【症例】手~腕のシビレ(ダブルクラッシュ症候群)

82歳 男性

主訴は半年前から右手の拇指、示指、中指のシビレと痛み。腕の外側にも痛みがあり。

ペンや箸が全く持てない状態。

何十年も続けている写経を半年もお休みしているとのこと。

当院に来院する前は内科、外科を受診し、ドクターからは「そのうち良くなる」と投薬とシップを受けたが一向に改善せず半年がたつ。

当院にて整形外科テストを実施

アドソンテスト -

過外転テスト +

肋鎖テスト -

ピンチテスト +

右前斜角筋、右小胸筋に短縮.、過緊張があり。

1~2回目、斜角筋と小胸筋の過緊張をカウンターストレイン、crac療法にて過緊張を除去。

痛みのスケールが10から5に変化した。

3~4回目 痛みのスケール5のまま変化せず、橈骨神経領域にいまだ違和感。

円回内筋部に硬結と静脈の怒張があり、

円回内筋の筋膜リリース、crac療法、を行ったのち、痛みシビレは解消した。

神経の絞扼場所が2か所存在した。

小胸筋の下部を通る腕神経叢、円回内筋の下部を通る正中神経(ダブルクラッシュ症候群)

施術後の痛みのスケールは0

翌日より写経ができるほどに回復。

4回の施術で完治とする。

 

当院では末梢神経障害の改善にも力を入れております。

手や足のシビレ痛み、是非ご相談ください!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA