知らないと大変!慰謝料の基本②〜慰謝料の計算方法〜

交通事故に遭われた方へ

交通事故の慰謝料は3つの基準が存在します

もし後遺症が認定された場合、2種類の慰謝料を請求することができます。それは通常の慰謝料後遺障害の慰謝料です。

一つ目の基準

まず、通常の慰謝料ですが、自賠責保険を適用した慰謝料が基準になります。

現在、自賠責保険では上限が120万円で、障害慰謝料は1日あたり4200円とされています。

ここで基準となるのは、実際に入院、通院した日「実治療日数×2」と、治療開始から症状固定を含む治療終了日までの「総治療期間」とで、どちらか少ない方に4200円をかけて算出します。

【例1】

9月1日に事故に遭い、9月2日から通院を始め、9月30日に完治するまでに10日間通院した場合の自賠責慰謝料

総治療日数:9月1日(事故日)〜9月30日までの30日間

実通院日数:10日間

10×2=20

総治療日数が30日なので、それより少ない実通院日数×2の20日が採用されます。

20日×4200円=84000円が自賠責慰謝料になります。

 

【例2】

上記例1の条件で、20日間通院した場合の自賠責慰謝料

20×2=40日

総治療日数は30日なので、30日が採用になります。

30日×4200円=126000円が自賠責慰謝料になります。

2つ目の基準

交通事故での慰謝料で2つ目の基準が、任意保険での慰謝料基準になります。

こちらは各保険会社の運用規定に従って算出されます。各社の運用規定ですが若干の違いはありますが、大きな違いはありません。

基本的には、入院、通院の期間や回数などを参考に事故のケースごとの事情や症状、状況など様々な要因を考慮して慰謝料の算出が行われます。

 

3つ目の基準

3つ目の基準が、弁護士会(裁判)の慰謝料基準になります。

前述の2つの基準に比べ、最も高額な慰謝料基準であり、判例に基づいた慰謝料基準になります。

この基準で慰謝料を請求したい場合は、弁護士に依頼することを推奨します。

その場合には、相談料、着手金、成果報酬なども考慮する必要がでできます。

なので、死亡事故や大きな後遺症が残ってしまう場合など、多くの慰謝料が見込まれるような交通事故では無い限り難しいケースになります。

つづく

交通事故の施術に自信があります>>

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA