コンテンツへスキップ

霧の大菩薩峠

どうも、山に目覚めた配島です。

先日、水曜日に久しぶりの登山に行ってきました。

場所は「大菩薩嶺」

嫁さんの休みも重なったので、
夫婦で初登山。

あさ6時半の電車に乗るつもりが、起きたら7時。
いきなりの寝坊です。

急いで用意して、7時半の電車へ飛び乗りました。

西太子堂~下高井戸~高尾~塩山。列車を乗り継ぎます。

JR中央線塩山駅の手前の甲斐大和駅からバスで上日川峠登山口へ目指そうとしたところ、
バスが運休期間で、一本も走っていないことが、直前のネット情報でわかり、
甲斐大和をスルーして、2駅先の塩山駅から登山口を目指しました。

塩山駅から大菩薩峠登山口までバスで400円弱。
「それに乗れたらすっごい安い」と期待を寄せていたが、
時刻表を見ると次発が15:30。その時の時刻は10時ちょい前。

ここでタクシー一択。

早起きは三文の徳。
朝寝坊は約4500円の損。

当初、塩山駅に降り先を変更してから、登山口の変更も予定して、大菩薩峠登山口から入山しようとしていたところ、タクシーの運転手さん情報によるところ、

「この時間だと上日川峠からの方がいいよ。大菩薩峠口はもっと下からだから、早朝に出ないとダメだね。」その時分は10時。

またも予定変更で上日川峠へ向かってもらう。

10時ちょいすぎ、上日川峠から入山
2017-09-29-10-30-36
いざ出発!!

2017-09-29-10-30-22

2017-09-29-10-30-41
山小屋はお休み

2017-09-27-11-35-57

2017-09-27-11-36-05
沢の水がきれい。

2017-09-27-11-46-01
コケに癒される

2017-09-27-12-50-28
2000m地点

2017-09-27-12-51-36
山頂まで尾根伝え、
霧と風がやや強かった。一瞬の霧の合間でパシャリ。
晴天の日の展望は富士山が間近に見え素晴らしいらしい。
お天気でもう一度チャレンジしたい!

2017-09-27-12-52-36
上の方は岩場。

2017-09-29-10-31-13
靴ひもをしっかりと。

2017-09-27-13-13-51
霧の幻想的な雰囲気もナイスでした。

2017-09-27-13-16-26
目的地の山頂、大菩薩嶺は木に囲まれ、展望はなく地味目な印象。

2017-09-27-16-15-37
こんな巨大キノコも!!
たぶん、毒あるんだろうな、、、。

2017-09-27-14-08-44
得体の知れない、イエロー。

2017-09-27-13-20-40
コケ類。

人が少なかったので、ゆったり自分ペースで登れた。
桜や紅葉などもあったので季節によっていろいろな表情が楽しめそう。

上日川峠登山口~福ちゃん荘~大菩薩峠~賽の河原~大菩薩嶺~唐松尾根~
福ちゃん荘~上日川峠~県道204~大菩薩峠登山口

image

反省点

  • 早起きすること
  • 公共交通機関の情報は早めに調べる
  • 杖はあったほうがいい

山からしっかりパワーをいただきました。
心地よい筋肉痛!!
特に中殿筋。
普段の歩行での大切さに筋肉痛を感じながら気付く。

次は丹沢へ行きたい!

では!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA