コンテンツへスキップ

いい感じ

どうも、ササニシキに未来を感じている配島です。

お米の主成分のデンプンには主にアミロペクチンとアミロースがあります。
一般的に売っているお米、コシヒカリ。
一昔前にはメジャーだったササニシキ。

いま、スーパーでササニシキを探すのは、やや困難です。
ササニシキを栽培する生産農家の数は、著しく減っています。

デンプンのアミロペクチン、分子構造がやや複雑で、アミロースと比べると、
グルコースの鎖が枝分かれ構造に連なっています。

アミロースは分子構造が単純です。
そして、グルコースをつなぐ鎖が一本の螺旋状です。

seni
出典:http://www.surugaya.co.jp/school/kisogaku/denpun_kiso.html

アミロペクチを多く含む、コシヒカリは、粘りがあり、もちもち。
アミロースを多く含む、ササニシキはさらっとしています。

グーグルでアミロペクチンと検索すると「アミロペクチン 小腸炎」というワードが2番目に出てきました。

アトピーである私。
腸とアトピーの関係は今や定説です。

それと私はどうやら内胚葉型らしい(自己判断)
内胚葉型は内臓が発達していて、消化酵素を多く持っているので、
栄養の「吸収力」がやや強い傾向にあります。

「吸収力」が強いと、「すぐ太る」につながります。

太古の大昔なら、飢餓に強い体質として生存に有利に働いた能力ですが、
時代は飽食です。
ネズミ返しがついた穀物庫は過去のも。

今度はメタボが襲いかかります。
結果をコミットさせるには、米俵を担いでスクワットをする必要があります。

そうなる前に、
デンプンの構造が単純なササニシキを買って、ここ1週間食べています。

感想は、食後のいやーな満腹感が減ったと感じます。
もう少し続けて見て、体重の変化なんかをお伝えしたいと思います!!


無農薬無化学肥料栽培米 滋賀県高島産 ササニシキ 平成28年産 5kg (玄米5kg)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA