コンテンツへスキップ

肩の痛み・化学的ストレス(炎症期)

image

どうも、結果をオミットしない、配島です。

肩が安静にしていても、ズキズキ痛みがある場合、
熱感や赤みがある場合、
また、急に痛みが強くなりだした直後の場合、

これらは、運動療法を開始するべきではない時期です。

まずは安静第一。

機能改善を優先にする時期ではなく、炎症の鎮静化を優先するべきです。

石灰沈着性の腱板炎である可能性が高く
滑膜炎も発生しやすく、それに伴って関節の中の圧力が高まると、
夜間痛を伴い、寝られずに辛い日々を過ごすことになります。
そうなってくると、肉体的だけではなく、精神的にも疲弊してきます。
このような状態の時は、整形外科医の痛みのコントロールが極めて重要な時期です。

痛みの鎮静とともに可動域が改善してくるケースが多くありますので、
急性期で寝れないほどの痛みがあるときは、あらゆる可能性を考慮して、
迷わずに整形外科医を受診しましょう。

その後の、痛みがやや落ち着き、徐々に動かすことが出来たら、
当院にて物理療法、運動療法を施術いたします。

機能障害の残らない施術をご提供。

次回は肩の「物理的ストレスによる痛み」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA