コンテンツへスキップ

湿邪って、なんじゃ??













どうも、「しもしも、コニタン?」のバブリーなメンタルと、肴は炙ったチップスターでいい配島です。

いやー、生乾きの季節が到来ですね。
こんなにも生乾きなら、そりゃぁ、アタックneoでも買ってみようかと思う昨今。
私自身も湿度が高い環境は辛いです。
日本の夏はジメッてますね。
もし、藁人形に釘を打つ機会があれば、顔には「地中海性気候」と書いた張り紙を貼ります。
奴らはカラッとしているらしいですよ。行ったことないけど。。。くやしい、、、。行きたい。シエスタ。
東洋医学的に言うと湿気が多い季節にさらされことを「湿邪」と言います。
気、血、水の流れが滞ります。熱がこもりやすく、熱中症に要注意。
リンパ流(むくみ)の低下が起こりやすくなり、関節痛などが起こりやすくなります。
「湿邪」が象徴すること、
それは停滞です。
こんな時は、停滞させないことに重きをおくといいと思います。
よく動き、
汗をかき、
水を飲み、
塩分も十分に取り。
体のサイクルを停滞させない様にすること。
これ大事です。
私も、この季節は、何か小さい変化を多く取り入れようかと思います。
例えば、模様替え。
そんなに大それたやつではなく、
ゴミ箱の位置を変えるとか、
トイレットペーパーをたたんでみるとか、
アロマの匂いを変えて見るとか。
何気ない小さい変化を生活に取り入れると、気血水のうちの気が本来の力を保ってくれます。
なので、この梅雨のジメジメした時にこそ、小さい変化を起こして、気力を高めましょう!!
ダイエットを始めるいい機会になるかもしれませんよー!!
私も今年中に8キロ痩せます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA