コンテンツへスキップ

やっぱり押さえておきたい、いざって時の捻挫の対処法

スポーツの秋ですよね。先週の船橋近辺の学校は運動会のところが多かったですね。

天候にも恵まれてました。

それと、ウォーキングやランニングにも、もってこいの季節です。

 

ところで、みなさん捻挫したことありますか?

僕は学生の時は年がら年中。

地元埼玉の平野接骨院には大分お世話になりました。

 

さて、一般的なのが足首の捻挫(外くるぶし周辺)です。

捻挫の中では、足首の捻挫が1番多いのです。 

足を内側に、グキっ!!と捻っちゃう奴です。
経験された方も多くいると思います。
 

運がいいと、捻るだけで腫れてこない「捻挫一歩手前セーフ」ですみますが、

インパクトが強いとメッチャ腫れます。そして痛いです。内出血もひどいです。

 

足首を構成している靭帯が一気に引き伸ばされて、ひどい時は靭帯の断裂、

くるぶしの骨を靭帯が引っ張って、骨も損傷する事があります。

こうなると痛くて熱感があり、歩いたり、足首を動かすことも困難になります。

 

もし、そうなってしまったら。

 

そんな時はRICE処置(ライス)をしましょう。


RICE
とは、

 

R - rest(安静)

I  - ice(冷却)

C - compression(圧迫)

E - elevation(挙上)

 

です。

 

まず何よりも安静にして、アイシングです。

そして、弾性包帯を巻き圧迫します。

 

※この時、血流が阻害されるほどの圧迫ですと強すぎるので、

血行が悪いなぁとか、痺れが出てくるようなら、速やかに圧迫を緩めます。

また、時間の経過とともに腫れが大きくなる可能性があるので、この時も、キツく感じてきたら、圧迫を緩めてもう一度巻き直しましょう。血行が一番大事ですので気をつけましょう!!

 

そして、心臓よりも高い位置に患部を置いて安静にしましょう。

足首の捻挫なら、仰向けで足枕やタオルケットを丸めたりなんかして高くします。

そうすることで炎症や腫れをいくらかコントロールができます。

 

まずRICE処置を20分。そして1時間ぐらいあけて、またRICE処置を行います。

このサイクルを2日間ほど行うのが望ましいです。

 

この処置をするのとしないのとでは、痛みの具合の変化に大分違いが出てきます。

そして、捻挫はクセになるとよく言われていますが、しっかり治しておくことが重要になります。

 

当院では、捻挫や外傷に対して、超音波による治療を行います。

超音波は骨折、打撲、捻挫に威力を発揮します。

だいたい、骨折の治療期間が約3〜4割ほど短縮できると言われていて、

アスリート御用達の非常に有効な治療機です。

gazo_2

そして、しっかり固定です。

P1000250
 

 

 

スポーツの秋、怪我には気をつけてエンジョイしましょう!!

 

ライス国務長官
写真出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%B9

おっとライス違い。。。

 

 そいではまたー!!
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA